新生ヨシ焼き

ヨシは水辺に生える植物で、ヨシ原は水中と陸地の生態系が混じり合う、大変ユニークな環境です。ヨシはイネ科の植物で地面の下の地下茎でつながっています。4月に芽を出し、夏になると3~4mくらいの高さになります。秋に花が咲き、冬になると枯れます。枯れた後、放っておくとそのまま立ち枯れをし、ヨシ原は薮になってしまいます。それを防ぐため、刈り取ったり、ヨシ焼きをしたりという手入れが必要なのです。手入れをすることで、また春にヨシが新芽を出し、健康な状態のヨシ原が保たれるのです。このため、市民の手でヨシ原を保全しようと、行政当局の指導のもと、ヨシ焼きを行っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA    46